FC2ブログ

23自分を変えた聖書②


聖書を初めて手にして読んだとき、聖書をゆっくり読むという、たったそれだけの簡単なことがなかなかできません。一箇所を何度そんなときに聖書100週間と言うプログラムに出会い、ゆっくり考えて読むということを教えてもらいました。ゆっくり読んでいるうちに、聖書に出てくる人々は非論理的で、非合理的でなぜそんな行動をしてしまうのかと思うようなことばかりが書かれていることが見えてきました。そして、いろいろと考えているうちに、そもそも人間は合理的に考えて行動していないということがわかってきました。価値観も人それぞれ違うようです。すべてを論理立てて因果関係をはっきりさせているわけでもありません。そんな行動を読めない人たちが書かれているのに、その人たちの背景や思いは全然書かれてありません。それならそこは想像で補わないといけないのです。そうやって想像していったのですが、それが現実世界に生かされてきました。いろんな人と付き合う中で、この人はどんなことを考えているのだろうかと考え、それが自分の考えと違っても、どれだけ非合理的であっても、その多様性を受け入れられるようになってきました。
<つづく>

よかったらこちらにもお寄りください
yahooブログ「いちじくの木の下で」

にほんブログ村 聖書・聖句

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント