FC2ブログ

15人を理解する①


聖書を読むことによって、わたしたちは聖書の中に入って行くことができます。聖書の中へ入っていくと、そこに書かれていることは自分自身の中で起こった出来事になります。
聖書の中に入ってイエスに出会うことは、イエスの「愛する弟子」になることを意味しています。
登場人物を具体的にすることで、自分の悩みを明らかにすることができます。苦しみを知り、その理由が分かるようになります。価値観がはっきりと示されます。大切にしていること、嫌なこと、やるべきこと、出来ていないことがそこに現れてくるのです。
聖書に登場する人々は皆、心に傷を持ち、苦しんでいます。強い人は勇気を振り絞って、前に進もうとします。弱い人は流れに流されて、自分の意志とは別の方向に進んでしまいます。でもどちらの人にもその人なりの考えと理由があるはずです。自分の苦しみをそこにのせることでその苦しみを理解できます。そして、目の前にいる人の苦しみをも理解することができるようになります。そうなってこそ聖書を読んだと言えるような気がします。
<つづく>

よかったらこちらにもお寄りください
yahooブログ「いちじくの木の下で」

にほんブログ村 聖書・聖句

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント