FC2ブログ

Gitanjali 11-2

11-2 He is there where the tiller is tilling the hard ground and where the pathmaker is breaking stones.
He is with them in sun and in shower, and his garment is covered with dust.
Put of thy holy mantle and even like him come down on the dusty soil!

神なる主である「あなた」がおられる場所は、人が大地の上で額に汗を流している場所だと言います。農夫が固い土を開墾している場所、人夫が石を割って人が通る道を切り開いている場所、そこにこそ神はられると言うのです。神はその人を見守っているだけではありません。いつも共にいて、いつも共に働き、神さまの衣も泥にまみれています。「わたし」もまた、礼拝堂で一人静かに祈っているだけではなく、泥と埃にまみれて大地で働かねばなりません。

試訳
農夫が 固い土を耕すところ、道路人夫が 石を割るところ そこにこそ神は おられる。
神は晴れの日も雨の日も 働く者と共におられ、その衣は 泥にまみれている。
お前も聖なるマントを脱ぎ 塵だらけの大地へ降りて来なさい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント