FC2ブログ

Gitanjali 7-1

7-1 My song has put off her adornments. She has no pride of dress and decoration. Ornaments would mar our union; they would come between thee and me; their jingling would drown thy whispers.

「わたし」は歌い手であるはずですが、わたしの歌からは誇りを捨てることにしました。誇らしい衣装も着ませんし、装飾で飾り立てることもやめました。これは大きな宣言です。「わたし」は誇りよりも大切なことを見つけたのです。それは「わたし」と「あなた」の関係そのものでした。飾り立てることは飾ることに意識を奪われ、「わたし」と「あなた」の間にできている結びつきを弱めてしまうのです。
飾りは「わたし」と「あなた」の間に割り込んできて、邪魔をします。飾りの鳴らす響きが、「あなた」のかすかな囁きを掻き消してしまうのです。

列王記19章11節~12節を読んでみましょう。
主の御前には非常に激しい風が起こり、山を裂き、岩を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。風の後に地震が起こった。しかし、地震の中にも主はおられなかった。地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。
神なる主の言葉は静かで、何かに気を取られると、間違いなく聞き逃してしまいます。「わたし」はそのことに気づいたのです。

試訳
わたしは歌うことに対し誇りを持つことを止めました。
誇らしい衣装も着ませんし、装飾で飾り立てることも止めました。
それは誇りや飾りがわたしとあなたの間の結びつきを弱めることに気づいたからです。
飾りや誇りは「わたし」と「あなた」の間に割り込んできて、邪魔をします。
あなたの声を掻き消してしまうのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

welcome
プロフィール

よなたん

Author:よなたん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR