FC2ブログ

赤い人の手紙

なかなか更新できてなくて申し訳ありません。

「赤い人の手紙」をご存知でしょうか。
アメリカ開拓時代にインディアンの酋長が大統領にあてて書いた手紙です。
ちょっとだけご紹介したいと思います。


ワシントンの大統領のお便りによれば、我々の土地を買い上げたいとのこと。友情と好意のおことばも添えてあります。あなたがたの申し出を考慮させていただきます。われわれが売らなければ、白い人は銃をもってわたしどもの土地を取り上げにくるかもしれませんから。この申し出の考え方は我々にとっては不慣れなものです。大気の新鮮さや水の輝きもこの地域のどの部分もそれは聖なるものです。輝く松葉、砂浜、奥深い森の霧、すべての切り透かし、そしてハミングする虫たち、みな、この民の思いの中で、また体験の中で聖なるものなのです。
だからワシントン大統領さまの、我々の土地を買いたいという申し出は、我々にとってあまりに大きな要求です。我々が楽に暮らせる代替地を用意する、と申されます。だから我々の土地を買いたいとのご希望は考えてみましょう。しかしそれは容易なことではありません。なぜならこの土地は我々にとって、聖なる土地だからなのです。

こんな書き出しで始まっている手紙です。この部族に何が起ころうとしているかは十分推測ができます。

<略>
今まで赤い人々は、白人の侵攻の前にいつも退いてきました。ちょうど、山の霧が朝日の前から逃げるように。しかし我々の先祖の遺骨は聖なるものであり、その墓地も、その丘も、その木々も、その土地も、我々にとって聖別されたものなのです。白い人は、我々の生き方を理解しません。彼にとって一つの区画の土地は、次のもう一つの区画の土地と同じものです。彼は夜やってくる異邦人のように、その土地から彼に必要なものをなんでも取り上げます。そして征服が終わると次へと移ってゆくのです。彼は母なる大地や兄弟なる空を、買い取ったり、分捕ったりするもののように、また、売り渡す羊や輝く飾り玉のように扱います。彼の欲望は大地からすべてを収奪し、あとにはただ砂漠を残すだけでしょう。
わたしにはわかりません。我々の生き方はあなたがたの生き方とは違うのです。白い人の年の景観は、赤い人の目を傷めます。たぶん、赤い人が野蛮人で、事情を理解しないからでしょう。白い人の都会には静寂な場所が一つもありません。

この部族は「侵略か譲渡か」を突き付けられて苦渋の決断を迫られています。でもこの酋長は白人の要求を受けることにしました。

<略>
残りの日々をどこで過ごすかは大して重要なことではありません。残り少ない日々です。もう少しの時間、もう少しの冬が過ぎれば、かつてこの土地に生きていた大民族の子どもたち、森の中で流浪している小部族の子どもたちは一人も残らず消えるでしょう。人間は、寄せては返す波のようなものです。

あきらめにも似た言葉ですが、この後に続く言葉に驚かされました。

友が友にするように、その神がともに歩きともに語る白人でさえ、共通の運命から免れるわけにはゆきません。結局、わたしたちは兄弟たちかも知れません。あとでわかるでしょう。ただ一つのことを我々は知っています。白い人はいつの日か発見するかもしれません。それは、「我々のそれぞれの神は同じ神だ」と言うことです。彼は人間の神です。そして彼のあわれみは赤い人に対しても平等です。この大地は神にとってかけがえのないものです。
<後略>

この言葉は聖書の中に書かれている歴史そのものだと思ったのです。聖書を読んだことも見たこともないであろうインディアンの酋長ですが、聖書を読んで内容を知っているはずの白人よりも真理を捉えていたということです。
この文章を紹介している粕谷神父さまは、
「今の世界の不幸というのは、十字架のないキリストを仰ぐ人たちと、キリストのない十字架を背負っている人に分かれる」というある人の言葉を引用していたのですが、わたしたちがどちらに分類されるのかと考えると前者ではないのかと考えさせられます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント