FC2ブログ

Gitanjali 12-2

12-2 I came out on the chariot of the first gleam of light, and pursued my voyage through the wildernesses of worlds leaving my track on many a star and planet.

朝日にきらめく馬車でわたしは旅に出発しました。太陽の恵みを受け、前途は祝福されているように思えます。人生の長い長い旅路が始まったのです。でも巡ったところは荒れ野ばかりでした。荒れ野を抜け出たと思ったら、また別の荒れ野が待ち受けています。出発の時は恵みだと思った太陽が、荒れ野では容赦なく照りつけ、わたしたちを苦しめます。平坦な道はなく、憩う場所もない荒野がわたしたちの旅路の大半だったのです。時には荒れ野どころではなく、遠く離れた地でひとり寂しく過ごさねばならない時もあります。無味乾燥な地をどれだけ走ってきたことでしょう。もはやどれだけ進んだことかもはや分からないくらいです。

試訳
朝日にきらめく馬車で出発し、世界の荒れ野を巡り、あらゆる星や惑星に轍の跡をつけてきた
スポンサーサイト