FC2ブログ

Gitanjali 3-8

Ah, thou hast made my heart captive in the endless meshes of thy music, my master!

「あぁ」と感嘆詞で始まりました。落胆でしょうか、切なる願いを述べようとしているのでしょうか。
それとも心情を吐露するための勇気を振り絞ろうとしているのでしょうか。
「わたし」は「わが主よ」と主に願います。
「あなたはわたしの心をとりこにします。」と「わたし」の気持ちを吐露します。
「あなたの音楽の無限の網」という不思議な表現が注意を引きます。
「わたし」の心を捕らえるのは神なる主である「あなた」の音楽なのですが、それを網でたとえます。
それは逃れようもない大きな網で、創造主である神がすべての人類を捕らえることができるほど大きな網に思えたのでしょう。
マタイによる福音書4章19節にこんなみことばがあります。
イエスは「わたしについて来なさい。人間を取る漁師にしよう」と言われた。
人間を捕えるのも網が必要です。しかし、物理的な網では人間は捕まりません。
心を網で捕えるのです。
このフレーズからそんなことが連想できます。

試訳
あぁ、我が主よ。
あなたの奏でる音楽は無限の網のようで、
わたしの心を虜にして離しません。
スポンサーサイト