FC2ブログ

完全な喜び


アシジのフランシスコという方をご存知でしょうか。
1200年ごろの聖人でフランシスコ会の創立者です。
フランシスコの祈りは有名ですのでご存知の方も多いでしょう。
その聖フランシスコが「完全なよろこび」について述べています。

・・・わたしたち修道士が、どんなに清い行いをして全世界にお手本を完全に示そうとしても…その中には、完全なよろこびはありません。

・・・わたしたち修道士が、目の見えない人の目をあけたり、歩けない人の足を立たせたり、悪魔を追い出したり、口のきけない人や耳の聞こえない人を癒し、口をきけるようにしてやったり、あるいはイエスさまのように、死んでから四日もたった人間を墓の中から生き返らせるような不思議な軌跡を行ったとしても・・・その中には、完全なよろこびはありません。

・・・わたしたち修道士がどんなに深く学問を治めて、あらゆる国のことばを語り、あらゆるとうとい書物を読破し、未来のことがらや、人の心の奥の秘策を知り得たとしても・・・その中には完全なよろこびはありません。

・・・わたしたち修道士が、天使の使うことばを話したり、あるいは大空のすべての星の軌道を知り、薬草の力や、血の宝、鳥やこものや魚の特質を知り、それからまた、人間や植物や石や河川や湖などの性質をどんなにくわしく調べ尽くそうとも・・・その中には完全なよろこびはありません。

・・・わたしたち修道士が、すべての不信仰者たちを、キリストの信仰へと回心させるようなりっぱな説教をすることができようとも、・・・その中には完全なよろこびはありません。

これから、われわれがポルティウンクラの修道院へ着くと、門番は、雨にずぶぬれになった、われわれのみすぼらしい姿を見て、”このどろぼう、乞食め”とどなってわれわれを追い出すだろう。そのとき、その門番たちに対して腹を立てず、謙遜に、なさけぶかく、彼らのため神の祝福を祈るなら、ここに完全なよろこびがあります。

主キリストの愛のために苦しむ意外のところには、どこにも完全なよろこびはありません。

おそらく、これはクリスチャンでもわからない表現です。これはこの旅路で同伴した修道士に諭すように教えているのですから、簡単にわかるような話ではなさそうです。

分からないなりに、フランシスコの言われていることを整理してみると
自己の必要を満たすだけでは完全な喜びは得られない。
他者の必要を満たすだけでも完全な喜びは得られない。
知識を持つことで完全な喜びは得られない。
技能や能力を身に着けても完全な喜びは得られない。
ということなのです。

わたしたちは自分が認められ、受け入れられることに大きな喜びを感じるのですが、
それでは完全とは言えず、
存在を否定され、拒絶されることも受け入れた時、完全な喜びになると言われているようです。

これを実践したのが、イエス・キリストでした。
イエスさまは、ユダヤの地で存在を否定され、十字架刑に処されたのですが、
それを受け入れ、執行した人たちのために祈ったのです。
存在を否定された場の中にいることは辛いことですが、
イエスさまとわかちあえるだけの体験をしたということは
人を理解するうえで、重要な経験となるはずです。
その中にも喜びを見出せるようにならないと、いけないと言われているのだと思うのですが、
・・・これは、難易度が高いです・・・。

本に書いてあったこの場所が気になって、メモをしたのですが、
なかなか理解が難しいところのように思えます。
スポンサーサイト