FC2ブログ

30聖書は生きるための教科書②


そんな失敗ばかりの人間であっても神さまは見捨てたりはしません。聖書の中の失敗ばかりする人間に対してもいつも神さまは手を差し伸べ、優しく接してくださっていることが分かります。わたしたちの実生活の中であっても、神さまがどのようにしてわたしたちに接しているかを深く考えてみると、いつもわたしたちに寄り添ってくださっていることを知ることができます。どんなに辛いときでも、わたしたちが倒れてしまわないように支えてくださっているのです。
神さまはどんなに罪を犯しても赦して下さいます。人を唆して、その人を神さまから引き離そうとすると、神さまは怒りを発しますが、そうでなければ神さまはすべてを受けれてくださっています。神さまに祈り求めたことはすべて聞き入れてくださっています。
聖書は単なる読み物ではありません。生きるための教科書なのです。実際に生きる上で必要なことが書かれており、教科書から学び、実生活に生かすことによってわたしたちは生きることができるのです。
<第30話終わり>

よかったらこちらにもお寄りください
yahooブログ「いちじくの木の下で」

にほんブログ村 聖書・聖句

スポンサーサイト