FC2ブログ

26お勧めの箇所を探してみる②


でもやっぱり読んでみたいという気持ちが少しでもあるのなら、チャレンジしてみることは大事なことだと思います。まずは、自分が日頃どれくらいなら頑張れるか、考えてみましょう。一年なら大丈夫という人もいれば、大体は三日坊主という人もいます。全体で3時間が精いっぱいという人もいるかもしれません。でもそんな人でも、創世記だけなら読むことができるでしょう。連続した3時間でなければもっと気が楽です。ただ、読んだ後は、思ったことをメモ用紙に書いておきましょう。文章になっていなくても構いません。単語でも、箇条書きでもよいので、書いて、創世記のタイトルページにでもはさんでおきましょう。タイトルページに鉛筆で日付を書いてその横に「済」と書いておくだけでもいいのですが、次の機会に記憶を呼び起こす種を用意しておきましょう。
<つづく>

よかったらこちらにもお寄りください
yahooブログ「いちじくの木の下で」

にほんブログ村 聖書・聖句

スポンサーサイト