FC2ブログ

25面白くない聖書③


普通の本だと、読み手の意識で読み方が変わることなどあり得ないことなのですが、聖書はどうも違うようです。とくに詩編や詩歌、預言書は神さまの存在を意識しないと読むことができません。創世記は比較的読みやすい書物ですが、比較的神さまの働きかけを明確に書いてある書物です。創世記が聖書の一番初めに置かれてあるのも、神さまの計らいではないかとも思えてきます。
聖書を何度も何度も読むうちに見えていなかったものが見えてきて驚くことがあります。いままで気づかなかったことにはっと気づかされることもあります。この気づきは日常の生活にも反映されていきます。これが聖書を読み続ける原動力になっているような気がします。
<第25話終わり>

よかったらこちらにもお寄りください
yahooブログ「いちじくの木の下で」

にほんブログ村 聖書・聖句

スポンサーサイト