FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gitanjali19-4

第19篇

あなたが話してくれないなら
あなたの沈黙で心を満たし それに堪えましょう。
わたしは静かに待ちます。
星が監視する夜のように 忍耐強く 頭を低く垂れて。
朝は必ず来る。
闇は消え去り、あなたの声は 金色の流れとなって大空を渡るでしょう。
あなたの言葉は  歌の翼になって、わたしの小鳥の巣の 一つ一つから飛び立ち
あなたの歌は 花となって わたしの森の茂みに 咲き出すでしょう。
スポンサーサイト

Gitanjali19-3

19-3 Then thy words will take wing in songs from every one of my birds' nests,
and thy melodies will break forth in flowers in all my forest groves.

「あなた」の声が金色に輝いています。
その言葉は「わたし」の歌に翼を生やして、「わたし」のもとから巣立って行きます。
「あなた」の翼を得た「わたし」の歌は遠くまで届き、心の中で花になります。
薄暗かった森の茂みの中にも花を咲かせて、美しい風景を作りだすのです。

試訳
あなたの言葉は  歌の翼になって、わたしの小鳥の巣の 一つ一つから飛び立ち
あなたの歌は 花となって わたしの森の茂みに 咲き出すでしょう。

Gitanjali19-2

19-2 The morning will surely come, the darkness will vanish, and thy voice pour down in golden streams breaking through the sky.
朝は必ずやってきます。
そのとき闇は消え去ります。
そんな朝には、あなたの声は金色に輝き、大空に響き渡ります。

試訳
朝は必ず来る。
闇は消え去り、あなたの声は 金色の流れとなって大空を渡るでしょう。

Gitanjali19-1

19-1 If thou speakest not I will fill my heart with thy silence and endure it.
I will keep still and wait like the night with starry vigil and its head bent low with patience.

「あなた」はわたしに声をかけてくださいません。
その沈黙で「わたし」の心を満たし、それに耐えるしかないのです。
「わたし」は「あなた」が声をかけてくださるのを静かに待つしかありません。
夜は静かに頭を低くたれています。
星が監視しているので、身動きすることを止めているようです。
夜は耐え忍んで、静かに朝がくるのを待っているのです。

試訳
あなたが話してくれないなら、あなたの沈黙で心を満たし、それに堪えましょう。
わたしは静かに待ちます。星が監視する夜のように、忍耐強く、頭を低く垂れて。

Gitanjali18-4

第18篇

雲は雲を覆い、あたりは暗くなりました。
ああ愛しい人よ。 
どうしてわたし一人を外で待たせるのですか。
昼間、仕事が忙しい時は、人ごみの中にいたのに、
この暗い寂しい夜に、わたしが会いたい人はあなたしかいません。
もしあなたが御顔を見せてくれないのなら、わたしを一人ぼっちにしておくなら、
この長雨の時をどのように過ごせばよいのでしょう。
暗い空のはるか彼方をみつめたまま
わたしの心は歎きつつ 止むことのない風とともに さまよい続けます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。